春名里美です。サイキックリーディングで貴方の本当の心の答えを知ろう。ヒーリング ブロック解除 オラクル

ハルノナ

psychic reading スピ系こぼれ話 占い 四柱推命 大地ときどき蒼の空

なぜ占いは、うさんくさいと思うのか。

更新日:

(実家猫そっくりだにゃーん)

こんにちは、子どもの頃から猫さん大好き、猫は正義の春名です。

(うちにも、ぬこさんがいます。)

(毎日モフモフしています。この季節はたっ、たまらん…)

娘がインフルエンザBになってしまったので、会社を休んでいます。
娘は3年連続でインフルエンザにかかっているので、この時期になるといつも、慌ただしいです。

なぜ占いは、うさんくさいのか。

あ、そうそう。
以前から気になってたことがあります。
それは「なぜ占いは胡散臭いと思われてしまうのか」ということ。

そのことについて書いてみます。

原因は色々あると思います。

「占い師が自身の価値観を押し付け、不適切な言葉を使う」→クライアントさんが傷つく

②「占い師自身の知識・経験不足」→このヒト本当にちゃんと人生経験ある?アドバイスできる立場なの?と言う不信感

③「そもそも占い方が間違ってる」→問題外

④「クライアントさんが目に見えない世界に否定的」→目に見えないものは信じられない。理解できないから(これは仕方の無いことですよね)

⑤「鑑定を受ける方の潜在意識と顕在意識とのズレが大きい」→珍しくはないパターン。たとえ正しい結果だとしても、迷いが多く、自身で結論を出せない状態

私は①②が一番多いのではないかなぁ、と思ってます。

④は、①②が原因でさらに「占いなんか、やっぱりアテにならないや!(T ^ T)」と言う結論に達してしまった人も多いと思う。

ちなみに私も、①②の人間でした。

イイことだけ信じてれば良いの。あとは気にしない!
目に見えないことなんて気のせい!厄年なんて気のせい!そんなの、ないから!(母談・今もそう言ってる)」

──いやいや、それじゃマズいでしょ、って話なんですけども。

例を挙げますね。

たとえば、厄年。
神社で どんな方にも、わかりやすく注意喚起されている代表的なものなのに、逆になんで気をつけないのかな?って私は思っています。

お金がもったいないとか、そういうことじゃないんだけどなぁ、って。

わたしは、厄祓いしないほうがもっと勿体無いな、って思っています。

備えあれば憂いなし、と言います。
人間は、どうしても周期というものがあるのです。
良い時もあれば、悪い時もある。
気づきを得るための厄だったりすることも勿論あるけど、そうではない、理不尽な厄もある。

…あと、知っていますか?
皇族の方々は、ちゃんと「日を選んで」生まれてきていることを。
あ、「日取りを決めて」、というのが適切でしょうか。

問題です。
それは、なぜでしょうか。

生まれた日、時間によって、さまざまな性質、気質が異なるからです。陰陽五行もそう。

才能もそうです。
得意なもの、不得意なもの、そういったものもあります。

たとえば、「先祖の守りが強い星」だったり
「コミュニケーションが得意な星」「子どもの星」だったり。
四柱推命を少しでもかじっている方なら、わかるかもしれません。

特に皇族の方の場合は、国の象徴となる方なので、特定の分野に秀でた星を持って(敢えてその日を選んで)生まれてきているのでしょう。

─たとえば、魁罡(かいごう)日とか。
この生まれの人は一芸に(突出して)秀で、会社員など敷かれたレールの上で歩くような生き方は、不向きです。

ちなみに、うちの姪っ子も魁罡(かいごう)日生まれです。
容姿にも既にその特徴が現れているので、普通の生き方では生きづらくなるだろうと妹にも、伝えています。

あらかじめ、目に見えないものを知ることで大きなメリットがあるなら、そのメリットを最大限使いたい!って思いませんか?

手術の日取りや、開業したりする時なんかもそうですね。良き日を選びたいですよね。
逆に悪い日は、避ける。

…これも、最初から分かっているのなら、単純に避ければ良いだけの話。

目に見えないものこそ、侮れないですよ。ほんと。
大企業では、お抱えの術師さんもいらっしゃいますし
(ちなみに私の前職場も大企業ではなかったですが、いらっしゃいました)。

(その方が亡くなった後、わたしは…しんどい目にあうことになりました・笑)

だから、占いはうさんくさいと敬遠する方がいらしたら、少しでもその考えを改めてほしいなぁ。と強く思います。

(日本は、もともと精神性の高い国なのです。だから こういったことを意識したり、興味を持つことは決して、うさんくさくもなんともない。むしろ必然だよね、って思います。
だって、もともと素質のある方が多いんだもの。)

(─そして、時代が今さらに変化していて、今年はその始まりの年なんじゃないかなって。

陰に隠れていたことが、明るみになっていく。

個人レベルでも、今までで他人には言えず隠していたことを、明かしてみよう!とする流れになってきているなと、感じています)

私も、うさんくさくならないように勉強して

「目に見えない世界は、そこまでうさんくさくないんだよ~こわくないよ~」

「むしろ、うまく使う方が上手く生きられるんだよ~」

ってことを
少しでもお伝えできるようになれたらいいなと、思っています。

-psychic reading, スピ系こぼれ話, 占い, 四柱推命, 大地ときどき蒼の空

Copyright© ハルノナ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.